HOME > 製品情報 > 材料計測 > スキャニングレーザー振動計 OMS LaserScan LS01

スキャニングレーザー振動計 OMS LaserScan LS01

OMS LaserScan LS01はコンパクトで持ち運びが出来るスキャニングレーザー振動計です。非破壊、非接触方式でどのような表面も簡単に測定できます。
特許技術のセルフミキシング方式を使用し、コンピュータ制御のスキャニングミラーとソフトウェアにより即座に測定結果を表示できます。
このシステムは約0.5~5メートル以内の測定距離に最適化されている為、装置の調整や外付けレンズ、被計測物側の設定を必要とせず、最高レベルの高精度の測定を可能にしています。

特徴

構成

OMS LaserScan LS01 スキャニング振動計は、特許取得済みのエレクトロ-オプティカル構成に基づいています。
システムは、ポータブルレーザーセンサヘッドとエレクトロニックコントローラで構成されています。
レーザセンサヘッドは、レーザ、周波数モジュレータ、フォトディテクタ、カラーCCDカメラ、2つのコンピュータ制御の走査ミラーから成ります。
エレクトロニックコントローラは、demodulated velocity出力と、10.7 MHzのfrequency modulated信号出力の両方を利用可能で、コントローラの前面には、信号強度インジケータと、2つの選択可能な速度範囲およびローパスフィルタアレイ(オプション)を備えています。
モーダル解析を含む、包括的なソフトウェアパッケージもあります。ユーザがターゲットを登録・選択し、ミラーを制御、必要に応じてディザリングを行い、収集したデータを解析、2Dと3Dアニメーションを表示することができます。

主な仕様

速度範囲 5μm/s ~ 800 mm/s (1)
振動周波数範囲 0.01Hz ~ 20kHz 2 (2)
ワーキングディスタンス 0.5 ~ 5m
オプティクス コリメート(フォーカシング不要)
表面反射エンハンスメント 通常は不要
信号出力 アナログ速度、 10.7MHz FM信号
寸法 レーザーヘッド:36 x 25 x 18cm
エレクトロニックコントローラ:43 x 33 x 10cm (標準19インチラック)
重量 レーザーヘッド:10kg
エレクトロニックコントローラ:6.2kg
ローパスフィルタ 1, 2, 5, 10, 20kHz
出力電圧(最大) ±10V
レーザー 780nm, <15mW, クラスIIIb
650nm, <1mW, クラスII
スキャン範囲 ±20°
ビームサイズ 直径1mm
電源 110V / 220V

メーカーHP:http://www.omscorporation.com/

ソフトウェア

OMSレーザースキャンソフトウェアは、振動計測に必要なあらゆるモジュールを備えています。

SLDVソフトウェアは、標準的なWindowsXP / 7のデスクトップまたはラップトップPCで稼動します。
実験質の外で、データ解析、プレゼンテーションのために使用するオフィスバージョンのソフトウェアもございます。

測定結果は、タイムレコード, FFTスペクトラ、Frequency Response Functions (FRF)、Operation Deflection Shapes (ODS)、mode shapes、eigenvaluesとして取得できます。
データはUniversal File Format (UFF)など複数のフォーマットで、アニメーションはAVIビデオで出力可能です。


“LaserPoint”ソフトウェア


アニメーション

アプリケーション

航空・宇宙


スキャニングレーザー振動計で測定した、タービンブレードの振動の速度プロファイル。測定グリッドはブレードの形状に合わせて調整されています。


The presence of a subsurface disbond or delaminationは、レーザー振動計による表面の速度スキャンによって観察可能です。

自動車

OMS社のレーザー振動計は、自動車のドアパネルの振動の定量化にも利用できます。

測定グリッドはドアの形状に合わせて調整されています。
各測定点で速度vs.時間と、速度vs.周波数の、レーザー振動計での測定値が表示可能です。

コンピュータ機器

測定グリッドはハードディスクシステムの形状に合わせて調整されています。
右の画像は、ScanSetシステムで撮影したハードディスクの振動のアニメーションの中の1フレームです。

医療

OMSのレーザー振動計は、鼓膜の振動、筋肉の応答、シミュレートされた脊柱の動きなど、多くの医療分野のアプリケーションにも活用されています。