HOME > 製品情報 > 環境計測機器 > LII (レーザー誘起加熱法)

LII (レーザー誘起加熱法)

in-situ 非接触のレーザ励起加熱法によるすす計測システム

カナダ国立研究所(NRCカナダ)とサンディア国立研究所,それにArtium社が共同で研究・開発したin-situ 非接触のレーザ励起加熱法によるすす計測システムです。
1064nmのNd:YAGレーザを低出力でコントールし、すすの励起加熱光を2波長(400nmと780nm)分光計測、その強度の減衰時間を計測することによりナノサイズクラスのすす計測が可能となるのです。

LIIのカタログPDFは以下のリンクよりご覧いただけます。
LIIカタログ:レーザ励起加熱法によるすす計測システム

LIIの特長

簡易性・安全性・堅固性そして信頼性

LIIのメリット

  • サンプルガスの希薄処理不要
  • カーボンを主体とした計測手法(他の分子種に影響されない)
  • 低濃度ガスでの計測可能
  • リアルタイム計測
  • エンジンサイクル変動計測
  • Primary 粒子径分布と凝集体径分布の同時計測可能(開発中)
LIIイメージ図
出力画面

本体+計測ユニット

LII 装置レイアウト図・原理

Nd:YAGレーザから発振される波長1064nmの光は数mJにチューニングされ、計測ボリュームは均一な強度と効果的な形状にフォーミングされます。
その計測ボリュームを通過する排ガス中のすすは励起加熱(Induced Incandescence)され、集光レンズにより、400nmと780nmに分光されます(Fig.1)。
この励起加熱光の減衰強度と時間の比から温度が求まり(Fig.2)、グラフ勾配からPrimary粒子径平均値が得られます。

LII 装置レイアウト図・原理
LII 装置レイアウト図・原理

LII 装置レイアウト図・原理

LII 装置レイアウト図・原理
LII 装置レイアウト図・原理
LII 装置レイアウト図・原理
LII 装置レイアウト図・原理
LII 装置レイアウト図・原理