iTEM

汎用TEMイメージングプラットフォーム

現在、デジタルシステムは透過型電子顕微鏡分野の標準となっており、新しい電子顕微鏡は完全にコンピュータ制御されたデジタルシステムとして開発されています。画像の取り込みは写真フィルムではなく、高解像度のデジタルカメラによって行われます。ワークフローの自動化の可能性により、TEMやラボでの作業は画期的に変化しています。特に画像処理ソフトウェアを併用することで、以前は不可能と思われていたことも現実になりつつあります。
『iTEM』はこのような現在のTEMイメージングのタスクに理想的なプラットフォームです。また、『iTEM』の基本バージョンは、ソリューション指向の拡張パッケージによって目的に合わせて効率的に拡張出来ます。

iTEMオプションソリューションはこちら

主な機能

電子顕微鏡&カメラコントロール
ユーザーフレンドリーワークフロー
TEMオートチューニング
NetCam
AVIレコーダー/ストリーミング機能
インタラクティブ計測機能
データベース構築
レポート機能

仕様

画像取り込み
カメラインターフェイス FireWire IEEE1394(機種指定)、USB2(機種指定)、
フレームグラバー(機種指定)、TWAIN
画像フォーマット *.tif、*.jpg、*.bmp、*.pcd、*.eps、*.png、etc
画像タイプ バイナリー8bitグレー、8bitカラーパレット、16bitグレー、
トゥルーカラー(24bit RGB)
動画作成・AVIレコーダ 複数シリーズ画像或いはライブ画像からの直接ムービー作成
自動キャリブレーション・
画像情報
キャリブレーションデータの自動保存、画像の取込設定や顕微鏡情報の自動保存
リモートコントロール
TEM自動アライメント
・オートフォーカス
・自動非点補正
・自動アライメント
あらゆる顕微鏡タイプに対応(但し、要事前確認)
モーターステージ あらゆる顕微鏡タイプに対応(但し、要事前確認)
拡張画像取り込み
MIA:Multiple Image Alignment パノラマ画像機能
拡張画像転送
NetCam Webへのライブ画像転送
アーカイブ&ドキュメンテーション
STAR 画像データベース構築
レポート レポートジェネレータ
画像処理
輝度 最大コントラスト/平均化処理/濃度値変更、他
濃度変更 8/16bit、カラー8/24bit、2値化
プレビュー機能付フィルタ シャープ、エッジ強調、平均化、メディアン、浮き彫り、ソーベル、ロバーツ、Reimer、ユーザーフィルタ、N×N、ローパス、連結、シャープ、微分、ラプラス、ランク、シグマ、DCE(Differencial Edge Enhancement)、シェーディング補正、セパレータ(粒界抽出)
モフォロジカルフィルタ 収縮、膨張、オープン、クローズ、グラディエント、トップハット、スケルトン、他
3D表示 3D投影図、3Dアニメーション、等高線表示、テクスチャ
3D処理 3D計測
スライスビュワー スタック画像からの表示&ナビゲーション
FFT 高速フーリエ変換
ポケットカリキュレータ 四則演算、and、or、XOR、絶対値
セレクション
ベーシック フレーム、マスク
ROI ポリゴン、長方形、バーチャルROI、他
データ出力
グラフ 可視化、ダイアグラム処理&解析
結果 シート、統計、ダイアグラム、クラス分類
インタラクティブ計測
標準計測 カウント、距離(水平、垂直、任意)、輝度プロファイル、角度、ポリゴン、面積、周囲長、他、マジックワンド
チェーン計測 チェーン計測
プログラミング
イメージングC プログラミング言語