HOME > 製品情報 > 流体・燃焼用計測機器 > シャインフルーグカメラマウント SCM-1

シャインフルーグカメラマウント SCM-1

シャインフルーグカメラマウントはステレオPIVで撮影エリア全域の焦点調整を正確に行うためのカメラマウントです。SCM-1は高性能シャインフルーグマウントで次のような特徴があります。

※1 シャインフルーグコンディションを作りだすにはレンズまたはカメラをあおりますが、どちらをあおっても視野が左右にずれてしまいます。ステレオPIVでは解像度を最大化するために視野中心にターゲット中心を合わせるので、シャインフルーグ角調整で視野がずれてしまうと視野を戻さなければなりません。
視野を戻すことでまたシャインフルーグ角が変わるので、繰り返し操作で追い込んでいく作業が必要になります。特に超高解像度のカメラはフレームレートも遅くこの作業には熟練が必要になります。
SCM-1はアオリ中心軸とカメラのセンサー中心軸が正確に一致するように出荷時にカメラごとに調整していますので、アオリ調整をしても視野がずれることはなく一回の調整で簡単にアライメントが完了します。