HOME > 計測事例 > ラージスケールPIV 『2.5m×1.5mのエリアをステレオPIVで測定』

ラージスケールPIV 『2.5m×1.5mのエリアをステレオPIVで測定』

測定協力:清水建設株式会社 技術研究所

大型境界層風洞で建物を模擬した立方体回りの流れをステレオPIVにより計測しました。
最新の高性能カメラと解析アルゴリズムの組み合わせにより、2.5m×1.5mのエリアを5mm/vectorの空間分解能で高精度に計測することができます。
光源には120mJダブルパルスレーザーを使用し、カメラ2台を前方散乱受光位置に配置することで比較的低出力光源でも広いエリアの計測が可能となります。

カメラ pco.4000-PIV×2台 11Mピクセル(4008×2672)
レーザー Solo 120XT 120mJ
制御解析ソフト Koncerto 3D
解析アルゴリズム イメージディフォーメーションコリレーション
マルチグリッドコリレーション、中央差分法、ダブルコリレーション併用
シーディング  PivPart45(ラスキンノズル)
粒子サイズ  約2μm
シーディング拡散法  シーディングレークによるローカルシーディング

ラージスケールPIV計測例詳細ページへ