HOME > 計測事例 > ラージスケールPIV 『熱対流の高分解能計測』

ラージスケールPIV 『熱対流の高分解能計測』

写真の画像はほとんど個々の粒子を解像することができませんが、Koncertoに搭載の高性能解析アルゴリズムを駆使することで、このように広いエリアを測定する場合でもピークロッキングのない高精度の解析が可能です。スムージングフィルター等は使用していません。

測定エリアサイズ

500mm×375mm

カメラ

pco.1600-PIV(解像度1600×1200ピクセル)

 解析アルゴリズム

イメージディフォーメーション、マルチパス、マルチウィンドウ、ダブルコリレーション併用

最終探索ウィンドウサイズ

8×8ピクセル(1速度ベクトルを算出するウィンドウサイズ)

シーディング

DEHS

平均粒径

約1ミクロン


全体ベクトル図


全体ベクトル図の枠内を拡大したベクトル図